bijutsuhin.com
HOME トピックス 谷内六郎作品 美術絵本  「京の絵本」 木版画作品 陶器・平成新作仏画・その他 作品 ご購入
『牛若丸』
『牛若丸』

『牛若丸』

平安時代末期の武将、源義経(1159−1189)は幼命を"牛若"といい、子供の名の下につく"丸"をつけ、牛若丸と呼んだ。父義朝は、平治の乱で大敗を喫し京を後にするが、途中平家方に捕らえられ処刑される。母常盤は生まれたばかりの 牛若を抱え、七歳の今若と、五歳の乙若の手を引き、都落ちする。平家の迫害をおそれ、四人はそれぞれ別の道を辿るこ とになるが、牛若丸は七歳の年、鞍馬寺(京都市)へ預けられた。学問に精を出す一方、夜な夜な寺を抜け出して武芸の 稽古に励む。その相手役をつとめたのが、鞍馬山の天狗(深 山に棲む創造上の怪物)たち。そして、京の五条大橋での武蔵坊弁慶との出会い。貴族に変わって「源氏」「平家」といった武士が台頭した時代の英雄、義経が平氏打倒へ立ち上がるまでを描く。。

● 作者プロフィール
絵:箱崎睦昌 Mutsumasa Hakozaki
1946年大分県生まれ。72年京都市立芸術大学日本画専攻科修了、同年シェル美術賞展佳作賞。79年にも受賞。81年山種美術館賞展出品、以後3回出品。82
年東京セントラル美術館日本画大賞展佳作賞受賞。84年横の会結成に参加、第1回展出品、以後毎回出品。86年京都市美術館にて二人展開催。89年京都市芸術新人賞受賞。90年、91年両洋の眼・現代の絵画展推奨受賞。90年京都新聞日本画賞展優秀賞受賞。95年タカシマヤ文化基金・新鋭作家奨励賞受賞。96年「信貴山玉蔵院の襖絵展」(京都・東京・名古屋)。97年京都画壇の気鋭15人展(京都)。現在嵯峨芸術大学教授。

文:牧村則村 Norimura Makimura
本名、大久保博則。1953年愛媛県生まれ。東京大学ロシア語ロシア文学専修課程卒。79年新潮社入社。82年「現代詩手帖」新人賞受賞。83年詩集「かぐわしき食卓のカノン」を上梓。84年新潮社を退社し、流行通信社入社。月刊誌「スタジオボイス」編集長
を務める。89年流行通信社退社。91年詩集「薔薇熟」を刊行。現在、ZEPHYROS代表。

 

shunyosha Copyright © 2006 Syunyosha. All rights reserved.