bijutsuhin.com
HOME トピックス 谷内六郎作品 美術絵本  「京の絵本」 木版画作品 陶器・平成新作仏画・その他 作品 ご購入
『羅生門』
『羅生門』

 平安京の南側の正門である羅城門は、羅生門ともいわ れ、物語や謡曲などの舞台として多く取り上げられてきた。平安京の中央を南北に通じる朱雀大路の南端に、二層の楼閣がそびえており、妖怪や鬼がすむといわれる不 気味な雰囲気の場所として登場する。原典は、芥川龍之 介『羅生門』のもとになっている、平安時代後期に書かれた説話の集大成『今昔物語集』巻第二十九。
  摂津の国(今の大阪府北部と兵庫県南東部)から京へ出てきた男がいた。戦や飢饉で、食べるものさえ事欠く毎日。都へ 行けばどうにかなるだろう、と男は考えた。しかし、羅生門まで来てはみたものの、泊まるあてもない。寂れた 門をうろついていると、二階の方から物音が聞こえてきた。おそるおそる梯子を登っていく。一体誰がこんなところにいるというのだ。首をのばして中を覗いてみる。 そこで男が目にしたものは...。

● 作者プロフィール
絵:竹内浩一 Koichi Takeuchi
1941年京都府生まれ。59年京都市立日吉ケ丘高校日本画科卒業。66年山口華楊に師事。日展初入選。72年日春展奨励賞受賞(73年)。75年日春展日春賞受賞。77年山種美術館賞展大賞受賞。79年日展特選受賞、文化庁買上。80年日本秀作美術展招待出品。81年現代日本美術の展望展招待出品(富山県立近代美術館)。82年4人展(何必館)。糾年横の会結成に参加。第1回展出品、以後毎回出品。85年日展特選受賞。欧米巡回現代日本画展に出品。89年ユーロパリアジャパン現代日本画展に出品。90年花と緑・日本画美術館(花の万博会場)。日本画一雨と余情展出品(埼玉県立近代美術館)。日本画一現代の視角(新潟市美術館)。91年京都美術文化賞受賞。日展審査員。94年個展。96年MOA岡田茂吉賞展大賞受賞。個展(中国・上海美術館)。97年京都府文化功労賞受賞。現在日展会員、京都市立芸術大学教授。

文:小沢章友 Akitomo Ozawa
1949年佐賀市生まれ。早稲田大学政経学部卒業。コピーライターを経て、NHK「みんなの歌」の作詩や雑誌「子供の館」で小説を執筆。NHK−FM「クロスオーバーイレブン」のスクリプトをレギュラー担当する。幻想文学を発表するかたわら、古典の児童用編訳も手掛ける。「遊民爺さん」で開高優賞奨勒賞を受賞。おもな著書に「今昔物語」「沙羅と竜王」など。最新刊に「夢魔の森」「お伽草子」。十文字学園女子短大講師。

 

shunyosha Copyright © 2006 Syunyosha. All rights reserved.