bijutsuhin.com
HOME トピックス 谷内六郎作品 美術絵本  「京の絵本」 木版画作品 陶器・平成新作仏画・その他 作品 ご購入

<完売>

仁清写し
日本工芸会員・一水会正会員
伝統工芸士 三浦勝雄・作
色絵藤花図文飾壷

【原作】
野々村仁清・作
国宝「色絵藤花図茶壷」
所蔵/MOA美術館
【仕様・体裁】
寸法/大地…約29.5センチ
胴径…約27センチ
桐箱付(作家自筆題箋・署名・落款入り)
※底面に作家の刻印入
【税込価格】 315,000円
 (本体価格 300,000円)
【販売元】 アートデイズ

日本陶芸の最高峰
野々村仁清と国宝・色絵藤花図茶壷

 江戸初期の名陶工・野々村仁清(ののむらにんせい・生没年未詳)が京都洛西の御室仁和寺(おむろにんなじ門前に「御室
窯」を開いて三百五十年。丹波の国野々村に生まれたとされる仁清は、仁和寺の「仁」と、名前の清右衛門の 「晴」 をあわせて「仁清」と号しました。若き頃は京都粟田口の窯元で修業し、瀬戸で轍櫨引きの技術に磨きをかけたのち、京都にもどり「御室窯」を開きます。千利休亡き後の大茶人・金森宗和の知遇を得た仁清は、その豊麗にして典雅、しかも洗練を極めた茶陶で、なにより日本的な美意識の色絵は、たちまち当時の殿上人や数寄者らの評判を得、名を高めました。「赤絵」や「錦手」といった色絵陶器の大成者とされ、弟子には尾形乾山がいます。代表作には「色絵藤花図文飾壷」「色絵雉子香爐」の国宝のほか、十六点の重要文化財があります。現在わが国の国宝に指定されている陶芸作品はわずか十四作品。そのうち二つが仁清の作です。残りの殆どが渡来品であることを考えると、仁清の作品がいかに突出したものか思い知らされます。

制作にあたって
三浦勝雄

 このたび野々村仁清の国宝「色絵藤花国文飾壷」を原寸大で復刻するというお話をいただき、まず念頭においたことが、仁清の跡を求めず仁清の求めたところを求めようということでした。そのためにMOA美術館に赴き一日中一心不乱に色絵藤花園文飾壷を拝観、観察してきました。
 仁清は金森宗和の知遇を得て茶道のいろはを取得し自らも茶人でした。それゆえ利休の侘・寂を心得ていたのだと思います。琳派的な装飾性の強い構図と描法を巧みに曲面に配置し、侘・寂を表現したのが、色絵藤花図文飾壷なのです。すなわち仁清が求め、後世に伝えたかったのは、装飾画様式と優雅性を融合した常住清浄の美を賛えた典麗優雅な世界ではなかったのではないでしょうか。そのことを胸に知行合一、虚心坦懐の境地で制作にむかいました。
 制作にあたっては造形もさることながら、原寸大の平面でない画面に措く、図案全体のバランスに一番腐心いたしました。くわえて原作の持つ上絵の多彩さ、発色の艶高さの再現と銀焼付けの成功です。焼成を四度繰り返し完成にいたっています。
 これまでに色絵藤花図文飾壷は何度となく制作されてきた作品ですが、原寸大の作品はなかったように思います。複製とはいうものの極めて芸術性の高い、最勝な「写し」作品になったと自負しております。


shunyosha Copyright © 2006 Syunyosha. All rights reserved.